ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > コンビニ交付 > コンビニ交付とは > 利用できる人 > 誰でもコンビニなどで証明書を取得できるの?

誰でもコンビニなどで証明書を取得できるの?

更新日:2021年10月1日更新 印刷ページ表示

コンビニ交付を利用できる人

コンビニ交付が利用できるのは、現在、府中町に住民登録があり、利用者用電子証明書を格納したマイナンバーカードを持っている人です。
また印鑑登録証明書と戸籍の証明書は、別に要件がありますので、ご注意ください。

証明書の種類 要件
コンビニ交付を利用するための要件
住民票の写し
  • 府中町に住民登録がある
  • 通知カードからマイナンバーカードに切り替えている
  • マイナンバーカードに利用者証明用電子証明書を格納している
印鑑登録証明書
  • 府中町に住民登録がある
  • 府中町役場2階住民課またはマイ・フローラ南交流センター(府中南交流センター)で、印鑑登録を済ませている
  • 通知カードからマイナンバーカードに切り替えている
  • マイナンバーカードに利用者証明用電子証明書を格納している
戸籍全部事項証明書
  • 府中町に本籍と住民登録が両方ともある
  • 通知カードからマイナンバーカードに切り替えている
  • マイナンバーカードに利用者証明用電子証明書を格納している
戸籍個人事項証明書

戸籍の附票

※特殊な事情により証明書の発行制限の申請をしている人は、コンビニ交付が利用できません。証明書が必要な場合は、本人が本人確認書類を持って、府中町役場2階住民課へお越しください。

マイナンバーカード

マイナンバーカードは、プラスチック製の顔写真付きカードです。通知カード(紙製のカード)や住民基本台帳カードではコンビニ交付を利用できません。
通知カードからマイナンバーカードへ切り替える方法は、内部リンク|マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法をご覧ください。
マイナンバーカードの見本画像マイナンバーカード(画像の出典:総務省ホームページ)

利用者証明用電子証明書

利用者証明用電子証明書は、オンライン・サービスを利用する際の「なりすまし」を防止する技術である利用者証明に使います。(電子証明書について詳しくは内部リンク|公的個人認証サービスとは?をご覧ください)
マイナンバーカードを新規発行または再発行したときは、マイナンバーカードの申請時に「利用者証明書用電子証明書不要欄」の□を塗りつぶしていなければ、利用者証明用電子証明書も同時に発行され、カードに格納されています。

※申請書の「利用者証明用電子証明書 不要」を塗りつぶした場合は、改めて利用者証明用電子証明書を発行する必要があります。
マイナンバーカード申請書の電子証明書欄の見本画像

(画像の出典:マイナンバーカード総合サイトホームページ)

関連情報(内部リンク)

リンク

<外部リンク>