ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

簡易土のう工法

更新日:2019年8月16日更新 印刷ページ表示

家庭内の身近な物を利用して行う、浸水防止対策を紹介します。

1 簡易水のうとダンボールによる工法

40リットル程度の容量のあるゴミ袋を2重にして、袋内に半分程度水を入れてくくり、水のうをつくります。
(強度が弱いゴミ袋であれば重ねる枚数を増やします。)

ゴミ袋に水を入れてくくる様子

作成した水のうをダンボールに入れて、連結します。

ダンボールを並べる様子

並べたダンボールに水のうを入れる様子

2 ポリタンクとレジャーシートによる工法

ポリタンクに水を入れ、レジャーシートに並べます。

水を入れたポリタンクをレジャーシート上に並べる様子

レジャーシートでポリタンクを巻き込みます。

レジャーシートでポリタンクを巻き込む様子

レジャーシートでポリタンクを巻き込む様子

3 プランターとレジャーシートによる工法

土を入れたプランターをレジャーシートに並べます。

土を入れたプランターをレジャーシートに並べる様子

レジャーシートでプランターを巻き込みます。

レジャーシートでプランターを巻き込む様子

レジャーシートでプランターを巻き込む様子

<外部リンク>