ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中小企業退職金共済制度

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月29日更新 <外部リンク>

制度概要

中小企業で働く従業員のための退職金制度です。
国の制度で、(独)勤労者退職金共済機構が運営する安全・確実・有利な制度です。
詳しくは、ページ下リンクをご覧下さい。

対象者

中小企業の従業員(経営者や役員を除く。)

※加入は企業単位で、事業主が(独)勤労者退職金共済機構の中小企業退職金共済事業本部と契約します。

掛金

月額5,000円から30,000円まで、従業員ごとに選択できます。
短時間労働者はさらに月額2,000円から4,000円の特例掛金も選べます。

退職金の給付

退職した従業員からの請求に基づき、直接対象者に支払われます。
2年以上の掛金納付で掛金相当の給付、3年半を超えると掛金を上回る給付が受けられます。

※掛金納付が1年未満で退職の場合は給付がありません。

税制上のメリット

掛金は全額事業主負担ですが、法人の場合は損金として、個人事業主の場合は必要経費として全額非課税となります。

※資本金1億円以上の法人では例外があります。

加入申し込み先

制度の詳細、加入申し込みについては、独立行政法人勤労者退職金共済機構が運営する「中小企業退職金共済事業本部<外部リンク>」ホームページをご覧ください。

詳細はこちら

中小企業退職金共済事業本部<外部リンク>

関連情報