ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 危機管理課 > 災害に備えて > 災害に備えて > 避難情報の名称が変わりました(避難勧告廃止・避難指示へ一本化)
災害情報
災害に備えて
自主防災組織
計画等

避難情報の名称が変わりました(避難勧告廃止・避難指示へ一本化)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年5月20日更新 <外部リンク>

警戒レベル4で全員避難

災害対策基本法の一部改正に伴い、令和3年5月20日から避難情報の名称が変更されました。
警戒レベル4「避難指示」が発令されたら、危険な場所から全員避難しましょう。
また、災害の危険が迫ったときに、適切な避難行動がとれるように、普段からどのように行動するか決めておきましょう。

避難情報の主な変更点

警戒レベル3 高齢者等避難

  • 「避難準備・高齢者等避難開始」から「高齢者等避難」に名称が変更されました。
  • 避難に時間のかかる高齢者や障害のある人は、警戒レベル3高齢者等避難が発令されたら、危険な場所から避難しましょう。

警戒レベル4 避難指示

  • 「避難勧告」は廃止され、「避難指示」に一本化されました。
  • これまでの避難勧告のタイミングで避難指示が発令されます。
  • 警戒レベル4避難指示が発令されたら、危険な場所から全員避難しましょう。

警戒レベル5 緊急安全確保

  • 「災害発生情報」から「緊急安全確保」に名称が変更されました。
  • 警戒レベル5緊急安全確保は、すでに安全な避難ができず命が危険な状況です。災害が発生・切迫し、避難場所等への避難がかえって危険である場合は、自宅や近隣の建物等で直ちに安全を確保してください。
  • 警戒レベル5は必ず発令される情報ではありません。

新たな避難情報

ダウンロード

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)