ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 図書館 > 府中町子どもの読書活動推進計画(第2次)

府中町子どもの読書活動推進計画(第2次)

更新日:2018年8月1日更新 印刷ページ表示

本を通じてことばの力を育てる

現代の国際化した情報社会の中で、あふれる情報の中から必要なものを収集し、活用して、問題を解決する思考力・判断力を養うには、ことばの力が必要です。
また、ことばは、コミュニケーションの大切な要素です。
自分の考えや気持ちをことばにして相手に伝えたり、相手のことばを受け取って正しく理解したり、ことばを使いこなすことで相互理解を図れるようになります。

子どもたちは、ことばを学び、思考力、判断力、表現力を高め、豊かな想像力と感性を育み、人生をより深く生きる力を、読書によって身に付けていくことができます。

しかしながら、テレビ、インターネットなどの情報メディアが発達・普及したことによって、子どもの生活環境は変化しています。あわせて幼児期からの読書習慣の未形成も加わり、子どもの「読書離れ」が指摘されています。
子どもたちがさまざまな本と出会い、読書習慣を身につけることは、ことばの力を磨き、人生を豊かにし、社会を生きる力を得るためにとても大切です。

府中町では、平成18年に「府中町子どもの読書活動推進計画」を策定し、子どもの読書活動の推進に取り組んでまいりました。
このたび、この一次計画の成果と課題を整理し、「府中町子どもの読書活動推進計画」(第二次)を策定し、今後5年間の施策の基本方針を定めました。

この計画に沿って、子どもたちのことばの力を育てるため、学校・家庭・地域・町立図書館が連携・協力して取り組んでまいります。
より一層のご支援とご協力をお願いします。

府中町教育委員会教育長 高杉 良知

対象者・計画期間

  • 対象者  0歳から概ね18歳までの子ども
  • 計画期間  平成30年度(初年度)~平成34年度までの5年間

※計画書はページ下からダウンロードできます。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>