ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > まち・ひと・しごと創生

まち・ひと・しごと創生

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新 <外部リンク>

 急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくことが、喫緊の課題となっていることから、平成26年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が制定され、次の「まち」「ひと」「しごと」の創生を一体的に推進することとされました。

 「まちの創生」・・・国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営める地域社会の形成

 「ひとの創生」・・・地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保

 「しごとの創生」・・・地域における魅力ある多様な就業の機会の創出

 また、同年12月には、日本の人口の現状と将来の姿を示し、今後目指すべき将来の方向を提示する「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン(国の長期ビジョン)」および平成27年度から平成31年度までの5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略(国の総合戦略)」がそれぞれ閣議決定されました。

 日本は「人口減少時代」に突入しています。人口減少がこのまま続けば、経済への悪影響や地域生活サービスの低下を招くおそれがあります。都市機能や生活サービスを現在の水準で保ち、自立したまちを運営していくためには、それぞれの地域が人口減少に歯止めをかける取り組みを進める必要があります。

 そこで、府中町においても人口減少に歯止めをかけ、将来にわたって魅力と活力に満ちたまちとして発展していくため、府中町の人口の現状と中長期の将来の姿を展望する「府中町人口ビジョン」と、それを踏まえて展開することとなる施策の目標や基本的方向等を示す「府中町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

リンク 首相官邸「まち・ひと・しごと創生」<外部リンク>