ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康推進課 > 予防接種 > 予防接種 > 高齢者肺炎球菌ワクチンの定期予防接種
がん検診・健康診査
予防接種
食育
たばこ対策
献血
施設案内

高齢者肺炎球菌ワクチンの定期予防接種

更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。
肺炎は日本の死亡原因の第5位となっています。また、日常的に生じる成人の肺炎のうち4分の1から3分の1は肺炎球菌が原因と考えられています。
これまで一度も肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種したことがない人を対象とした予防接種費用の一部助成を行っています。

※助成対象者は毎年度異なります。接種の機会を逃さないようにご注意ください。

令和4年度対象者

府中町に住民登録があり、次のいずれかに当てはまる人
※ただし、過去に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の接種を受けたことがある人は対象となりません。

  1. 令和4年度中に、65、70、75、80、85、90、95、100歳を迎える人(下表で生年月日を確認してください)

  2. 60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害がある人(身体障害者手帳1級程度の障害)

年齢

生年月日

【対象者年齢早見表】

65歳

昭和32年4月2日~昭和33年4月1日生まれ

70歳

昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ

75歳

昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ

80歳

昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ

85歳

昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ

90歳

昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生まれ

95歳

昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生まれ

100歳

大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれ

接種期間

令和4年4月1日~令和5年3月31日

接種方法

町内で接種する場合

健康保険証などの年齢が分かるものを持って、直接医療機関を受診してください。
医療機関によっては、事前に予約が必要な場合があるので、接種を希望する医療機関に確認してください。

町外で接種する場合

必ず事前に健康推進課(福寿館)で医療機関を確認し、予防接種券などを受け取ってください(平日午前8時30分~午後5時15分)。

自己負担金

4,400円

※接種を受けた医療機関の窓口でお支払いください。 

自己負担金の免除

次のいずれかに当てはまる人は、自己負担金が無料となります。
接種後の申し出は無料になりません。必ず、事前に本人確認書類とマイナンバーが分かるものをお持ちのうえ、健康推進課(福寿館)で手続きを行ってください(
午前8時30分~午後5時15分)。

対象者

  1. 生活保護を受けている人
  2. 町民税非課税世帯の人

※被接種者本人と同一世帯以外の人が申請をする場合は、委任状が必要です。 また、マイナンバーカードや運転免許証などで申請者の本人確認をします。                               

健康被害救済制度

  • 法律で定める対象年齢以外で接種する場合は、任意接種として取り扱われます。任意接種による副反応のために健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく保障の対象になりません。
  • 任意接種によって健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による救済制度があります。詳しくは独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ<外部リンク>をご参照ください。

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>