ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康推進課 > 予防接種 > 予防接種 > 成人風しん予防接種費用の一部を助成します

成人風しん予防接種費用の一部を助成します

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月30日更新 <外部リンク>

風しんは、風しんウイルスによって起こる感染症です。
妊娠している人が妊娠20週頃までに風しんウイルスに感染すると、先天性の心臓病や白内障、聴力障害などの障害を持った先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれることがあります。
府中町では、先天性風しん症候群を予防するため、風しんの予防接種費用を一部助成しています。

対象者

府中町に住所があり、次の1、2いずれかに当てはまる人

  1. 現在、妊娠中で妊婦健康診査またはその他の抗体検査で抗体価が十分でないと判断された女性および同居する人
    ※妊娠中の人は、出産後の接種となります。
    ※同居する人が対象となるのは、妊婦が出産するまでです。出産後は対象ではありません。
  2. 平成27年4月1日以降に受けた風しん抗体検査で抗体価が十分でないと判断され、今後、妊娠を希望する女性
    ※妊娠前の女性は、風しん予防接種後2か月間は避妊が必要です。

助成金額

上限5,000円

※接種費用は医療機関によって異なります。
※接種費用が助成金額に満たない場合は、接種費用を助成します。

助成回数

1人1回

対象ワクチン

風しんワクチンまたは麻しん風しん混合(MR)ワクチン

助成方法

事前に申請が必要です。
接種を希望する場合は、平成27年4月1日以降に受けた風しん抗体価の確認できる書類(検査結果等)印鑑本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)をお持ちの上、健康推進課(福寿館)へ申請書を提出してください。
申請後、予防接種に必要な書類をお渡しします。 

郵送での申請を希望する人は、健康推進課へお問い合わせください。

※申請書はこのページ下からダウンロードできます。また健康推進課窓口にもあります。

接種費用の支払い

町内の医療機関で接種する場合

各医療機関の定める接種費用から、助成金額(5,000円)を差し引いた残額を医療機関に支払ってください。
接種後の手続きは不要です。

町外の医療機関で接種する場合

各医療機関で定める接種費用を、一旦全額自費で支払ってください。
その後、健康推進課で費用助成の申請を行ってください。 

※接種前に健康推進課(福寿館)へ相談してください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)