ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 自治振興課 > 防犯・交通安全 > 防犯・交通安全 > 自転車安全利用五則を守りましょう
就労支援
消費生活相談窓口
観光振興
防犯・交通安全

自転車安全利用五則を守りましょう

更新日:2020年12月21日更新 印刷ページ表示

「自転車安全利用五則」を守って安全に利用しましょう

「自転車安全利用五則」は、自転車に乗るときに守るべき交通ルールを分かりやすく伝えるため、特に重要なものを5つにまとめた基本的なルールです。正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう。

自転車安全利用五則画像

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。
そのため、歩道と車道の区別があるところは車道通行が原則です。

2.車道は左側を通行

自転車は、道路の左端に寄って通行しなければなりません。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。

4.安全ルールを守る

  • 飲酒運転は禁止
  • 二人乗りは禁止
  • 並進は禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 信号を守る
  • 交差点での一時停止と安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

児童・幼児には、乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

関連情報

<外部リンク>