ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福祉課 > 地域福祉 > 特別弔慰金 > 第11回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

第11回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月29日更新 <外部リンク>

 この弔慰金は、先の大戦における軍人、軍属および準軍属の人々の尊い犠牲に思いをはせ、戦後70周年という特別な機会に、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者の遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

支給額

額面25万円(5年償還)

支給対象者

令和2年4月1日(木曜日)に基準日に資格要件(生存されていること・日本国籍を有していること)がある戦没者等が亡くなられた当時の遺族で、基準日において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」を受給する人(戦没者等の妻、祖父母、父母など)がいない、法律で定められた優先順位の最も高い遺族1人。

  • 第10回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の受給者も今回の支給対象となりますが、改めて申請が必要です。

支給順位

  1. 令和2年4月1日(木曜日)までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した人
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹
    ※支給要件があり、ご遺族の状況(婚姻・養子縁組等)により順位が入れ替わります。
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪など)
    ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた人に限ります。

受付窓口

福祉課地域福祉係(役場2階8番窓口)

持ってくるもの

  • 印鑑
  • 令和2年4月1日(木曜日)現在の申請者の戸籍抄本
  • 請求書(窓口で配付)
  • 印鑑等届出書(窓口で配付)
  • 現況申立書(窓口で配付)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

※条件により、戸籍やその他の資料が必要な場合があります。

請求受付期間

令和2年4月1日(木曜日)~令和5年3月31日(金曜日)(3年間)

お願い

  • 窓口で請求権利の確認をさせていただきますが、権利確認には時間がかかる場合があることをご理解ください。
  • 受付初年度(令和2年度)は申請が集中するため、申請から裁定(国債交付)まで、10か月程度かかる見込みです。