ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険年金課 > 年金福祉医療係 > 国民年金 > 産前産後期間の国民年金保険料免除制度
年金福祉医療係

産前産後期間の国民年金保険料免除制度

更新日:2020年7月1日更新 印刷ページ表示

国民年金第1号被保険者が出産した際に、出産前後の一定期間、国民年金保険料が免除される制度です。赤ん坊を抱く夫婦

対象者

国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の人

免除される期間

出産予定日または出産日が属する前月から4か月間。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する前月から6か月間となります。

※免除の対象となる出産は、妊娠85日(4か月)以上の出産となります。(死産、流産、早産された人を含みます)

届出時期

出産予定日の6か月前から可能です。年金手帳や母子手帳、印かんを持って保険年金課へ届け出てください。

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>