ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険年金課 > 年金福祉医療係 > 国民年金 > 国民年金制度への加入と国民年金の届け出
年金福祉医療係

国民年金制度への加入と国民年金の届け出

更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

国民年金に加入することになったとき、届け出内容に変更があったときなどは、届け出が必要です。

届け出窓口

府中町福祉保健部保険年金課福祉医療係

国民年金の届け出

 
届け出の種類 届け出が必要なとき 届け出に必要なもの
加入届
  • 会社などを退職したとき(扶養されている配偶者も、第3号から第1号への届け出が必要です)

年金手帳(新規加入の場合を除く)、印鑑、離職日の確認できるもの(健康保険資格喪失証明書・離職票など)
※第3号から第1号への届け出の場合、第3号の資格が喪失したことがわかるもの

年金手帳再交付届
  • 年金手帳をなくしたとき
※第1号被保険者は、役場に申請してください。年金事務所から郵送されます。即日交付を希望する場合は、年金事務所に相談してください。
※第2号被保険者は、勤務先に申請してください。
※第3号被保険者は、年金事務所に申請してください。

保険料の領収書など基礎年金番号がわかるもの、印鑑

※年金事務所での交付を希望する場合、運転免許証等公的機関が発行した顔写真付証明書が必要です。

第3号届
  • 退職等で配偶者が加入する健康保険の被扶養者となる条件を満たすとき
配偶者の勤務先事業主を通じて、年金事務所へ届け出ます。
第3号被保険者としての未届け期間のある人は、年金事務所にご相談ください。
 

 詳しくは、日本年金機構のホームページ<外部リンク>をご覧ください。 

お問い合わせ

福祉保健部 保険年金課 年金福祉医療係
電話番号:082-286-3154

広島南年金事務所
電話番号:082-253-7710(代表)

<外部リンク>