ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建築課 > 木造住宅の耐震改修工事費用の一部を補助します

木造住宅の耐震改修工事費用の一部を補助します

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月31日更新 <外部リンク>

府中町は、国および広島県と共同して、地震災害から町民の安全を守ることを目的に、木造住宅の耐震改修工事を行う費用の一部を補助する制度を設けました。
制度について詳しくは、このページ下からダウンロードできる
交付要綱などで確認するか、建築課住宅係までお問い合わせください。

対象住宅

次の条件すべてに当てはまる住宅が対象となります。

・府中町内の在来軸組工法、伝統的工法、または枠組壁工法(ツーバイフォー工法)で建てられた木造住宅であること
昭和56年5月31日以前に着工された住宅であること
申請者または申請者の父母等(直系尊属)が所有する住宅であり、申請者が現に居住していること
地上3階建以下であること
店舗等の用途を兼ねる住宅は、その住宅の延べ面積の2分の1以上を居住用としていること
耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満であること

対象工事(耐震改修工事とは)

耐震改修工事とは、次のとおり耐震診断・耐震改修設計に基づいて行う改修工事をいいます。
また、耐震改修工事完了後、建築士が作成した建物の耐震性に対する報告書の提出が必要です。

(1)耐震診断
(2)耐震改修設計
(3)耐震改修工事(建築士による工事監理)

※耐震診断は、木造住宅の地震に対する安全性を評価する資格を持つ建築士に依頼してください。
※耐震改修設計は、耐震診断の評価結果が低い箇所について、耐震基準を満たす改修工事の設計にする必要があります。

補助金額

住宅の耐震改修工事にかかる費用の23%(千円未満切り捨て)
ただし、補助限度額は40万円です。

※申請前に耐震改修を行った場合は、補助対象になりません。
※申込者多数の場合、翌年度以降の補助となることがあります。

申し込み方法

申請を希望する人は、建築課住宅係へ事前相談してください。
事前相談後、交付申請書に必要書類を添えて、建築課住宅係(府中町役場1階)へ提出してください。

申請から補助金交付までの流れ

(1)建築課住宅係へ事前相談
(2)町へ補助金交付申請書を提出
(3)町が補助金交付決定
(4)申請者が耐震改修工事を実施
(5)町へ事業完了実績報告書を提出
(6)町から申請者に補助金を交付

ダウンロード

事業案内パンフレット [PDFファイル/216KB]
府中町木造住宅耐震改修事業補助金交付要綱 [PDFファイル/183KB]
交付申請書(様式第1号) [Wordファイル/22KB]
耐震改修計画書(様式第2号) [Wordファイル/26KB]
変更承認申請書(様式第5号) [Wordファイル/21KB]
中止(廃止)承認申請書(様式第6号) [Wordファイル/21KB]
完了期日変更報告書(様式第7号) [Wordファイル/21KB]
着手届出書(様式第10号) [Wordファイル/21KB]
実績報告書(様式第11号) [Wordファイル/21KB]
補助金請求書(様式第13号) [Wordファイル/21KB]

関連情報

木造住宅の耐震診断費用の一部を補助します

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)