ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 税務課 > 町県民税(住民税) > 町県民税(住民税) > [Q&A] 学生でアルバイトをしていますが、住民税がかかりますか
町県民税(住民税)
固定資産税・都市計画税
軽自動車税
その他の税
納税
税の証明

[Q&A] 学生でアルバイトをしていますが、住民税がかかりますか

更新日:2019年2月1日更新 印刷ページ表示

 アルバイトであっても前年中(1月~12月)の所得が38万円(給与収入であれば103万円)を超えると所得税、35万円(給与収入であれば100万円)を超えると住民税がご自身にかかってくる可能性があります。
 ただし、ご自身が未成年者である場合は、所得が125万円以下であれば住民税は非課税となります。

 なお、所得が38万円を超えると、ご自身がご自身の親族の税法上の扶養になっている場合は、扶養となる所得要件からはずれ、扶養控除が受けられなくなります。

【収入が給与で、基礎控除のみの場合】

アルバイト収入

成年者

未成年

親族の扶養に

所得税が

住民税が

住民税が

100万円以下

かからない

かからない

なれる

かからない

100万円超

103万円未満

かかる場合がある

103万円

103万円超

204万円以下

なれない

かかる場合がある

205万円超

かかる場合がある

 

 

<外部リンク>