ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育課 > スポーツ > スポーツ > スポーツ推進委員の活動
スポーツ
青少年教育
家庭教育
社会教育
文化振興
文化財
成人式
生涯学習
よくある質問
青少年育成府中町民会議

スポーツ推進委員の活動

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月10日更新 <外部リンク>

スポーツフェスタラジオ体操画像

スポーツ推進委員とは

スポーツ推進委員は、スポーツ基本法第32条に基づき、市町村教育委員会が委嘱する非常勤職員です。
府中町では、スポーツ推進委員が地域住民のスポーツ振興のために委嘱を受けて活動をしています。

府中町スポーツ推進委員の写真

主な活動

  1. スポーツフェスタの開催
  2. 体力、運動能力テストの実施支援
  3. ニュースポーツの普及(ルールの説明や実技指導)
  4. 地域の依頼によるスポーツの指導

スポーツフェスタカローリング体験スポーツフェスタ骨密度測定と健康相談

スポーツフェスタ卓球ストラックアウト体力テスト

スポーツ指導派遣 

活動内容

地域スポーツの支援

地域(町内会や子供会)や団体でスポーツに関わるイベントを計画をされる場合は、スポーツ推進委員(社会教育課)にご相談ください。

地域スポーツ支援の実例

府中町放課後子供教室のグラウンドゴルフ体験の支援をしました。
日時 令和3年2月28日 午後1時~3時
場所 空城山公園 多目的広場
対象者 町内各小学校(5校)児童19人による活動の様子

活動の様子

準備体操の様子

準備体操

指導の様子

指導の様子1 

指導の様子2

表彰式の様子 

表彰式

カローリング

カローリングは、カナダや北欧の国々で親しまれている氷上のスポーツ「カーリング」からヒントを得て、平成5年6月に誕生した全世代で楽しむインドアスポーツです。カローリングで使う「ジェットローラー」は、本物のカーリングストーンのように動くので、体育館、公民館、オフィスなど身近な施設のフロア(床面)でカーリングが楽しめます。

クロリティ

アメリカなど、外国の「ホースシューズ」と「輪投げ」をミックスして考案された輪投げゲームです。
こどもから高齢者まで楽しめる健康スポーツです。

ドッチビー

ソフトディスク種目「ドッヂビー」は、9メートル×18メートルのコート(バレーボールコートの大きさ)で、ソフトディスクを使用して1チーム13人で行うドッジボール形式のゲームです。ソフトディスクを使用するため、怪我が少ない一方、短時間で運動量を確保できる種目であるため、日本中の小学校で授業やレクリエーションの教材として取り入れられています。

グラウンドゴルフ

専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用して、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数を数えます。
場所によって距離やホールポストの数を自由に設定でき、ルールも簡単なため、どこでも、だれでも手軽に楽しむことができます。
ペタンク目標球(ビュット)に金属製のボールを投げ合って、相手のボールより近づけることで得点を競うというゲームです。子供から高齢者まで対等に競技を行なうことができるため世代間交流が図れること、ルールが複雑でなく誰でも直ぐに競技を始めることができ、ほんの少しの場所で気軽にプレーすることができます。
スポーツ吹き矢スポーツ吹矢は、5~10 m離れた円形の的をめがけて息を使って矢を放ち、その得点を競うスポーツです 。性別・年齢問わず誰でも手軽にでき、ゲーム感覚で楽しみながら健康になれるスポーツとして注目されています。
※その他、バレーボール、卓球、バドミントンなど。

紹介、指導が可能なスポーツ

利用手続き

利用の際は、事前に社会教育課にお問い合わせの上、スポーツ推進委員派遣申請書 [PDFファイル/29KB]を提出してください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)