ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課 > 復興応援 名蹴会サッカークリニックを開催

復興応援 名蹴会サッカークリニックを開催

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月13日更新 <外部リンク>

平成30年10月26日、金田大使が会長を務める、一般社団法人日本サッカー名蹴会の協力のもと「復興応援 名蹴会サッカークリニック」が開催されました。(府中町教育委員会・呉娑々宇スポーツクラブ共催)
このクリニックは、平成30年7月豪雨災害で土砂の仮置き場となった府中小学校を会場に行われ、府中町、海田町、坂町の少年サッカーチームから約90人の子どもたちが参加しました。

講師は、金田大使のほか、元サッカー日本代表 小倉 隆史さん、アンジュビオレ広島 万力 安純選手、岡村 栄里選手(府中町出身)が務め、参加した子どもたちは、トップレベルのプレーに目を輝かせながら熱心に取り組んでいました。

※クリニックの様子は、関連情報「呉娑々宇スポーツクラブ、日本サッカー名蹴会のホームページ」にも掲載されています。

クリニックの様子

金田さんの画像

金田大使から指導を受ける子どもたち

サッカークリニックの画像

講師による模擬プレー

岡村選手、万力選手の画像

アンジュビオレ広島 万力選手、岡村選手と一緒にプレー

小倉さんの画像

終了後、小倉さんを囲む子どもたち

集合写真の画像

参加者全員で記念撮影

※クリニックに先立ち、金田大使は平成30年7月豪雨災害で被害を受けた水分峡森林公園の視察を行いました。

水分峡森林公園写真2

関連情報(外部リンク)