ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

秋の野鳥観察会

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月1日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症の影響により、開催を中止とする場合があります。                            中止などの決定をした場合、このページでお知らせします。

東南アジアへと渡る秋の猛禽類 (ハチクマ・ノスリ・サシバ他)の観察をします。ハチクマ

運がよければタカ柱が見れるかもしれません。 

※タカ柱  複数のタカが竜巻状に旋回上昇をしている状態で、柱のように見えるのでこのように呼ばれています。

 

 

 

 

    (ハチクマの写真)              

日程

9月23日(木曜日・祝日) ※雨天中止。

集合時間・集合場所

午前8時に歴史民俗資料館裏自転車置き場付近に集合。乗り合わせていきます。(午後3時ごろ、解散予定です)

※マスクの着用など、新型コロナウイルス感染症予防対策を行ってください。

行き先

広島県緑化センター立石展望台(広島市東区福田町10166-2 電話082-899-2811)

対象

どなたでも(親子での参加歓迎)

参加費

無料

持ってくるもの

  • 弁当
  • 飲み物
  • 筆記用具
  • 雨具
  • 健康保険証など
  • あれば便利なもの(双眼鏡、フィールドスコープ、折りたたみ椅子、野鳥図鑑など)

講師

佐伯 昌彦さん(日本野鳥の会広島県支部会員)

申し込み方法

府中南公民館に電話で。