ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 都市計画・都市づくり > 公共交通の取組み > つばきバス > 【6月1日~】つばきバスの運行ルート・ダイヤが変わります

【6月1日~】つばきバスの運行ルート・ダイヤが変わります

印刷用ページを表示する掲載日:2021年5月1日更新 <外部リンク>

つばきバスの運行見直し(実証運行)

府中町では、町内を循環する「つばきバス」を平成15年から運行していますが、今後、より便利で効率的な公共交通サービスを提供するため、バスの利用状況や地域のニーズを踏まえた運行見直しを進めています。

このたび、運行ルートとダイヤの変更による公共交通サービスの改善効果を調査するため、令和3年6月1日から1年間、次のとおり実証運行を行います。

つばきバス

1.運行ルートの変更

【これまでのルート】

イオンモール広島府中を発着地として町内を8の字に運行。

【実証運行(改正後)のルート】

「府中交番」バス停と「茂陰ポンプ場」バス停との間で、イオンモール広島府中に一旦戻るルートに変更。

つばきバスのルート図です。

※詳しくは、ページ下「案内チラシ」をご覧ください。

また案内チラシは、「広報ふちゅう5月号」と一緒に配布しています。

2.運行ダイヤの変更

  • 始発便の時間を見直し、左回り便の始発を午前8時半から午前7時45分に早めています。

  • 利用者が集中している平日午前便の便数は維持しつつ、運行の効率化を行っています。

  • 土日祝日については、これまでの運行遅延を考慮し、運行間隔に余裕を持たせています。

※時刻表については案内チラシをご覧ください。

ダウンロード

(令和3年6月1日から)つばきバス実証運行 案内チラシ [PDFファイル/2.11MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)