ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高齢介護課 > 介護保険サービスを利用中の人 > 介護保険サービスを利用中の人 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る要介護認定等の有効期間延長
介護保険サービスを利用したい人
介護予防事業を利用したい人
介護保険サービスを利用中の人
よくある質問
申請書一覧
事業者向け情報

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る要介護認定等の有効期間延長

更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、要介護等認定更新申請に伴う、認定調査が困難な場合は、申し出により認定有効期間を延長することができます。

1.対象者

要介護等認定更新申請での認定調査が次の理由などにより困難な人。

  • 介護保険施設や病院等で面会を禁止する措置がとられている
  • 本人および同居する者が新型コロナウイルスに感染または感染の疑いがある
  • 新型コロナウイルスの感染予防の観点から、本人または家族等が認定調査を希望しない など

2.延長期間

12ヶ月

※延長前の有効期間が12ヵ月未満の場合は延長前と同じ期間が延長されます。
※延長前と同様の介護度で認定有効期間が延長になります。

3.申し出方法

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等有効期間延長の申出書 [PDFファイル/129KB]を府中町役場2階高齢介護課介護認定係に提出してください。

4.注意事項

  • 原則は要介護等認定更新申請を行ってください。
    ※本申出書はやむを得えない事情がある場合のみご使用ください。
  • 有効期間満了日の60日前から提出できますが、面会禁止措置が解除される可能性があれば、少し申請を待つなど、感染状況などを考慮して提出の時期を決めてください。
  • 要介護等認定新規申請、区分変更申請については対象ではありません。
  • 本申出書は本人または家族などの同意を得た上で提出してください。
  • 利用者の状態等に変化がない場合のケアプランについては「軽微な変更」に当てはまるものとして取り扱います。

5.ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>