ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

病院マップ

お散歩マップ

トップページ > 子育て支援サイト > ネウボラふちゅう > 産前 > 【期間延長のお知らせ】産後ケア事業利用者負担の半額減免(新型コロナウイルス感染症関連)

【期間延長のお知らせ】産後ケア事業利用者負担の半額減免(新型コロナウイルス感染症関連)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月1日更新

対象期間を令和5年3月31日(金曜日)まで延長しています。

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、予定していた帰省分娩ができなくなったり、周囲からのサポートが得られにくくなったりするなど、不安を抱えた中での出産、育児となり、産前・産後における心身のケアや育児のサポートを必要とする人が多くなっています。

そのため、広島県の妊産婦支援事業緊急補助金を活用し、令和2年5月1日から、産後に利用できる産後ケア事業(宿泊型・デイサービス型・アウトリーチ型・母乳ケア)利用料(自己負担額)の半額減免を行っています。

※産後ケア事業(宿泊型・デイサービス型・アウトリーチ型・母乳ケア)の利用について詳しくは、ページ下関連情報「ネウボラふちゅうの産前・産後サポートメニュー」をご覧ください。

対象

産後に心身の不調や育児不安などのある産後1年未満の産婦とその乳児

※医療行為が必要な人は利用できません。

※実施機関によっては、受け入れ可能な時期に制限があるため、対象であっても利用できない場合があります。

対象期間

広島県妊産婦支援事業緊急補助金の対象期間は、令和2年5月1日~令和5年3月31日です。

利用料の助成について

利用料は、事業に必要とする費用の4分の1ですが、「ひろしま版ネウボラ構築モデル事業補助金」により、利用料(自己負担分)の2分の1を助成する制度があります。また、令和2年5月1日~令和5年3月31日の期間については、「広島県妊産婦支援事業緊急補助金(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急補助金)により、さらに2分の1を助成する制度があります。

なお、実施機関に支払う金額は、すでに補助金が差し引かれて助成された金額となっておりますので、実施機関に提示された金額をお支払いください。

キャンセル料やオプション費用への助成はありません。あらかじめご了承ください。

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>

府中町公式ホームページ

住む 住まい情報

子育て応援ブック