ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

積極ガードダイヤルリンク用画像<外部リンク>


新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月4日更新 <外部リンク>

現在、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が国内外で進められており、今後、有効で安全なワクチンが承認され、実用化され次第、ワクチン接種を実施していく予定です。
優先接種対象者から接種を開始し、順次、ワクチン接種を進めていきます。

※掲載している情報は、令和3年2月1日現在のものです。府中町での具体的な接種の進め方などは、準備が整い次第、広報・ホームページなどで随時、お知らせします。

新型コロナウイルスワクチン接種

優先
順位

対象者対象者の詳細情報実施主体

優先接種対象者

1

医療従事者等新型コロナウイルス感染症(疑い患者含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など広島県

2

65歳以上の高齢者

令和4年3月末時点で65歳以上に達する人(昭和32年4月1日以前に生まれた人)

※ワクチンの供給量・時期等により、細分化される可能性があります。

府中町

3

基礎疾患がある人

昭和32年4月2日以降に生まれた人のうち、次の病気等で通院または入院中の人

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群

昭和32年4月2日以降に生まれた人のうち、基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

高齢者施設等の従事者高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障害者施設・救護施設等)において、利用者に直接接する職員

4

1~3以外の人

1~3のいずれにも当てはまらない人

※子どもが接種対象となるかどうかなどは、安全性や有効性の情報などを見ながら、検討されます。

※ワクチン供給量・時期によっては、接種時期が細分化される可能性があります。

接種時期(予定)

国から示されている優先順位に応じて、医療従事者等の皆さんに向けた接種に続き、令和3年4月以降に65歳以上の高齢者の皆さん、その後、基礎疾患がある人および高齢者施設等の従事者の皆さん、その他の皆さんの順に接種を進めていく予定です。

接種回数

1人2回の接種です。ワクチンの種類により、3週間~4週間の間隔で接種します。

接種費用

無料

接種場所

町の集団接種会場や指定された町内医療機関で接種を受けていただきます。接種を実施する具体的な場所は、決まり次第、ホームページなどでお知らせします。

接種予約方法

優先接種対象者の順に3月中旬から送付予定の接種券に同封されるチラシをご覧ください。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

ワクチン接種後に健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

ワクチンの種類

国が供給を受けることについて契約締結または基本合意に至っている3社のワクチンは次のとおりです。ワクチンの詳細については、厚生労働省ホームページ<外部リンク>をご確認ください。

製薬会社ワクチンの種類接種回数接種間隔

新型コロナウイルスワクチンの特性

ファイザー社mRNAワクチン2回21日
アストラゼネカ社ウイルスベクターワクチン2回28日
武田/モデルナ社mRNAワクチン2回28日

※薬事承認前であり、すべて予定の情報です。

関連情報

ワクチン接種のお知らせ画像