ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 府中町からのお願い > 町長メッセージ > 新型コロナウイルス感染症に関する町長メッセージ(9月1日更新)

積極ガードダイヤルリンク用画像<外部リンク>


新型コロナウイルス感染症に関する町長メッセージ(9月1日更新)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月1日更新 <外部リンク>

町長メッセージ「対策の強化に今一度取り組んでください」(令和3年9月1日)

府中町長の佐藤です。

現在、広島県内では新型コロナウイルスの感染状況が、ステージ4(感染爆発)の状況であるとして「緊急事態宣言」が発令されています。

府中町内でも、8月の新規感染者数が過去最高となるとともに、40歳代以下の感染が全体の約8割と、特に若い世代で感染が拡がっています。

本日からは子どもたちも新学期を迎え、家庭・職場で取り組む感染対策が更に重要となってきます。

ご自身や大切な家族の命と健康を守るため、

  • マスク着用など、基本的な感染対策の徹底

  • 外出機会の更なる削減

  • 体調に異変がある時は、積極的な検査や受診など

対策の強化に、今一度取り組んでください。

またワクチン接種も、感染を防ぐとともに重症化を予防する有効な手段です。
接種がお済みでない場合は、接種をご検討ください。

皆様のご協力をお願いします。

【関連情報】

町長メッセージ「緊急事態宣言を受けて」(令和3年8月27日)

町民の皆様、事業者の皆様におかれましては、日頃から新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただき、誠にありがとうございます。また、医療・介護関係者の皆様には、心から感謝と敬意を表します。

さて、本日8月27日から9月12日までの間、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が実施されています。

県内の感染状況は、連日、過去最高の感染者の新規報告者数が確認されるなど、想定を超える感染の急拡大が見られるとして、最も深刻な「ステージ4」(爆発的感染拡大)の状況となっており、今後の見通しとしても、未だ感染のピークが見通せない大変厳しい状況となっています。また町内においても8月に入り、新規感染報告者数が大幅に増加するとともに、40歳代以下の若い世代の感染が8割以上とそのほとんどを占めています。

町民の皆様、事業者の皆様におかれましては、この切迫した危機を乗り越えるため、今一度のお願いとなりますが、マスク着用、手洗い、手指消毒といった基本的な感染対策の徹底、緊急事態宣言発令に伴う対策へのご協力をお願いします。

【緊急事態宣言発令に伴う対策(要請)】

  • 生活に必要な買い物を含め外出を半減(通院、通勤、通学を除く)

  • テレワークや休暇取得などで職場への出勤者7割減を目標に実施

  • 県外に行かない・呼ばない
    ※どうしてもの場合は、出発前・到着地で検査を(通院、通勤、通学を除く)

  • 体調に異変があるときはすぐに受診を
    (無症状でも、PCRセンターで受検を)

  • 酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店等の原則休業と、それ以外の飲食店での営業時間短縮

  • 1000平方メートルを超える大規模施設を運営する事業者等に対する営業時間短縮

 

令和3年8月27日

府中町長 佐藤 信治

町長メッセージ「まん延防止等重点措置の適用を受けて」(令和3年8月19日)

町民の皆様、事業者の皆様におかれましては、日頃から新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただき、誠にありがとうございます。また、医療・介護関係者の皆様には、心から感謝と敬意を表します。

さて、8月20日から広島県へまん延防止等重点措置が適用され、当町もその対象地域とされました。
これは、当町においても新規感染者が増加傾向となっており、デルタ株をはじめとした変異株への置き換わりから、今後、急速に感染が拡大することが懸念されたものです。

対象地域に対しまして、広島県はこれまでの要請に加え、次の点の事項について特に協力を要請しています。

【要請事項】

  • 町民の皆様への要請
    「夜8時以降の外出機会の削減」、職場における「夜8時以降の勤務の抑制」などの取り組みの徹底

  • 飲食店等への要請
    営業時間の短縮(朝5時~夜8時)
    利用者による持ち込みを含む、酒類の提供を行わないこと

  • 大規模施設等への要請
    人流を抑制し、人と人との接触機会の低減を図る必要があることから、営業時間の短縮など
    ※イベント等の開催については、県や町の開催条件に沿った規模や要件での開催。 

町としましても、9月12日まで公共施設の一部利用制限を行います。また、感染収束の切り札ともいわれるワクチン接種につきましても、現在、65歳以上の皆様の9割以上の方が1回目接種を終えられており、引き続き、早期に希望される全ての町民の皆さんが接種を受けられるよう、順次、接種を進めてまいります

町民の皆様、事業者の皆様におかれましても、重ねてのお願いとなりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてご協力をお願い申し上げます。

令和3年8月19日

府中町長 佐藤 信治

町長メッセージ「緊急事態宣言延長を受けて」(令和3年6月1日)

町民の皆様、事業者の皆様におかれましては、日頃から新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただき、誠にありがとうございます。
また、ぎりぎりのところで踏ん張っていただき、現場を支えている医療・介護関係者の皆様に心から感謝と敬意を表します。

さて、広島県への緊急事態宣言、広島県「新型コロナ感染拡大防止集中対策」の実施期間が6月20日まで延長されました。

これは、県内の新型コロナウイルス感染者の新規報告者数が、依然として「ステージ4」相当の高い水準となるなど、予断を許さない状況が続いているとして判断されたものです。
当町でも、5月は新規感染者がほぼ毎日報告され、月集計でも初めて100人を超えるなど、きわめて厳しい状況です。

こうしたことから、町としても、皆様の健康面、安全面に配慮し、6月20日まで公共施設の利用中止、イベントの中止といった措置を継続することといたしました。

また、新型コロナウイルス感染症収束の切り札ともいわれるワクチン接種を早期に進めていくため、現在、65歳以上の皆様が7月上旬までに第1回目の接種が受けられる体制を整えるとともに、基礎疾患がある人など、64歳以下の皆様の接種に向けた準備も進めておりますが、今しばらくの時間が必要です。

こうした今、しっかりと感染拡大を抑え込むために必要なことは、町民・事業者の皆様と一丸となって「今できる取り組み」を確実に行うことです。

1日でも早く日常を取り戻すため、引き続き、「外出半減」や「他地域への移動自粛」などの取り組みにご理解・ご協力をお願いいたします。

 

令和3年6月1日

府中町長 佐藤 信治

「緊急事態宣言」に関する町長メッセージ(5月17日更新)

5月16日から5月31日まで、広島県に「緊急事態宣言」が発令されました。

府中町でも連日新規感染者が確認されており、5月の感染状況はこれまでで最も感染が拡大した昨年12月を上回る勢いとなっています。

こうした爆発的な感染拡大を早期に食い止めるために、今、最も重要なことは「人と人との接触による感染の機会を減らす」ことです。

町としても、これ以上感染を拡大させないため、また皆様の健康を守るため、5月14日から公共施設の利用、イベントの中止措置などといった感染拡大防止対策を実施しております。

町民の皆さまにはこれまでも大変ご不便をおかけしていますが、早期に日常生活を取り戻すため、日常生活上必要な買い物などを含めて「外出の機会を半減、特に夜8時以降の外出機会の削減」、職場においても「出勤者の割合を7割減らす」など、『「緊急事態宣言」の発出に伴う新型コロナ感染拡大防止集中対策』の取り組みの徹底に、いま一度、ご協力をお願い申し上げます。

また、5月10日から85歳以上の皆様から接種を開始しました、新型コロナワクチン接種につきましては、ワクチン供給状況が不透明なところもあり、皆様にご心配をおかけしておりますが、希望するすべての人が接種できるよう、国、県など関係機関と連携し、順次、進めております。円滑な接種実施にご理解・ご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

令和3年5月17日

府中町長 佐藤 信治

「広島県第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」の実施に関する町長メッセージ(2月5日更新)

昨年12月以降、首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、国は1月7日に11都府県に緊急事態宣言を発出し、2月2日には引き続き、厳しい医療提供体制などを理由に、栃木県を除く10都府県について、その対象期間が3月7日まで延長されたところです。

また、広島県におきましても、11月下旬以降、広島市内を中心に感染が拡大する中で、広島県独自の「新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」が行われてきました。

町民、事業者の皆様におかれましては、この間、広島県、府中町からのお願いに基づき、帰省を先に延ばす、必要な買い物は一度に済ませるなど、外出機会削減のための取り組み、職場におけるテレワーク等出勤の活用による出勤者割合の削減、徹底した感染防止対策など、生活のあらゆる場面でさまざまなご協力をいただきましたことに、あらためて感謝申し上げます。

こうした皆様のご協力による結果が、広島県が示した「第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」にもあるように、感染状況の改善という形に結びついたものと考えております。

しかしながら、他の自治体の事例では、感染状況を表す各種指標が十分に改善する前に、感染拡大防止対策を緩和しすぎると、感染状況が再度急速に悪化した事例もあることを踏まえますと、引き続き、感染拡大防止対策に取り組んでいく必要があります。

当町におきましても、減少傾向にはあるものの、昨年12月以降103例の感染が確認され、引き続き予断を許さない状況であると認識しており、感染状況に留意しながら必要な対策を速やかに講じることで、町民の皆様の健康と生活を守っていきたいと考えております。

今後もしばらくは厳しい寒さが続きます。
町民の皆様におかれましては、健康に気を配っていただきながら、不要不急の外出の自粛、3密の回避、換気・加湿など家庭内を含めた感染対策の実施を、また事業者の皆様におかれましては、感染防止対策の徹底につきまして、気を緩めることなく実施していただきますようご協力をお願いいたします。

令和3年2月5日

府中町長 佐藤 信治

「新型コロナ感染拡大防止集中対策」の実施に関する町長メッセージ(令和2年12月25日更新)

11月下旬以降、隣接する広島市を中心に感染者が急増し、このまま感染拡大が続けば医療提供体制が崩壊するおそれがあるとして、これまで広島市を対象地域とした『広島県・広島市「新型コロナ感染拡大防止集中対策」』が実施されてきたところです。

しかしながら、現在においても県内の感染状況は高止まりしており、当町でも12月の24日間で44人の感染が確認がされています。

こうした状況を受け、本日、新型コロナウイルス感染症広島県対策本部において「感染拡大防止集中対策」の対象区域に、府中町ほか1市2町が追加されました。

これまで当町では、感染の拡大防止と社会経済活動の両立を目指して感染拡大防止対策に取り組んできましたが、この切迫した危機の抑え込みのためには、県と連携して、感染拡大の防止を優先した取り組みを進める必要があると考え、再度、町主催イベントの中止や延期、公共施設の利用中止といった対策を行うこととしました。

これから年末年始を迎え、親族や親しい友人などと旧交を温める特別な時期となりますが、こうした切迫した現状をご理解いただき、町民の皆様には感染防止対策を徹底した静かなお正月をお迎えいただくとともに、事業者の皆様には、そうした環境づくりへのご協力をお願いいたします。

令和2年12月25日

府中町長 佐藤 信治