ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 町民のみなさんへ > 世帯・個人向け支援情報 > 生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金・総合支援資金)

積極ガードダイヤルリンク用画像<外部リンク>


生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金・総合支援資金)

更新日:2020年4月16日更新 印刷ページ表示

新型コロナウィルス感染症の影響により、収入減少があった世帯の資金需要に対応するため、広島県社会福祉協議会が実施している生活福祉資金貸付制度の「緊急小口資金」および「総合支援資金(生活支援金)」について特例措置が設けられています。

※貸し付け条件、期間など詳しくは、府中町社会福祉協議会へお問い合わせください。

休業された人向け(緊急小口資金)

貸付対象

新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり,緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

※生活保護世帯は対象外。

貸付限度額

原則として、1世帯につき1回10万円。

※本資金の貸し付けは、10万円単位。

失業等された人向け(総合支援資金)

貸付対象

新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯(その他一定の条件あり)

※生活保護世帯は対象外。

貸付限度額

2人以上の世帯は月20万円以内(単身世帯は月15万円以内)

相談窓口(市区町社会福祉協議会)

府中町社会福祉協議会
Tel082-285-7278

関連情報

<外部リンク>