ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康推進課 > 予防接種 > 予防接種 > 高齢者の皆さんへ インフルエンザの予防接種を受けましょう

高齢者の皆さんへ インフルエンザの予防接種を受けましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月15日更新 <外部リンク>

府中町では、高齢者インフルエンザ予防接種の費用を一部助成しています。
インフルエンザ予防接種は、高齢者の発病、重症化防止に効果があることが認められています。
予防接種後、効果が出るまでには2週間程度かかります。接種を希望される場合は早めに予防接種を受けましょう。

※新型コロナウイルスワクチンと他のワクチンは、接種の間隔を2週間以上空ける必要があります。接種のスケジュールは医師と相談してください。

健康推進課(福寿館)窓口での予診票などの交付や自己負担金免除の手続きは、令和3年9月21日(火曜日)から受け付けを開始します。
受付時間は、平日午前8時30分から午後5時15分までです。

  1. 対象者
  2. 接種期間
  3. 自己負担金
  4. 接種方法
  5. 各種手続きを郵送で行う方法
  6. 注意事項

1.対象者

府中町に住民登録があり、次のいずれかに当てはまる人

  • 接種日に満65歳以上の人
  • 接種日に60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に身体障害者手帳1級程度の障害がある人(当てはまる場合は、健康推進課へ連絡してください)

2.接種期間

令和3年10月1日(金曜日)~令和4年1月31日(月曜日)

※各医療機関の診療時間内に受診してください。

3.自己負担金

1,500円

※接種を受けた医療機関の窓口でお支払いください。

自己負担金の免除

次のいずれかに当てはまる人は、自己負担金が免除されます。

  1. 町民税非課税世帯の人
  2. 生活保護を受けている人

接種後の申し出では自己負担金は免除されません。必ず事前に手続きを行ってください。
印鑑とマイナンバーが分かるものを持って、健康推進課(福寿館)へお越しください。

課税状況などを確認するための「同意書」を記入していただきます。

【受付時間】平日午前8時30分から午後5時15分まで

※被接種者本人と同一世帯以外の人が申請する場合は、委任状と申請者の印鑑が必要です。また、運転免許証などで申請者の確認をします。

※成年後見人などが申請者になる場合は、成年後見登記制度に基づく登記事項証明書(の写し)などを添付することで委任状に代えることができます。

ダウンロード

4.接種方法

医療機関にいつもワクチンがあるとは限りません。
接種に際し、予約が必要な場合がありますので、電話などで事前に確認してください。

町内で接種する場合

直接医療機関へ健康保険証など、年齢の分かるものをお持ちください。

町外で接種する場合

県内の医療機関で接種する場合

必ず事前に健康推進課(福寿館)で医療機関を確認し、予診票と予防接種券を受け取ってください。

【受付時間】平日午前8時30分から午後5時15分まで

県外の医療機関で接種する場合

必ず事前に「府中町予防接種依頼申請書」と本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)の写しを健康推進課に提出してください。

事前の申請がない場合、接種費用の全額が自己負担となります。

ダウンロード

5.各種手続きを郵送で行う方法

予診票と予防接種券の請求や自己負担金免除の手続きは、郵送でも行うことができます。
「インフルエンザ予防接種予診票等郵送請求書」(または任意様式でも可)に必要事項を記入し、返信用封筒(84円切手を貼り、返信先を記載したもの)を同封のうえ、健康推進課まで送付してください。

任意様式で請求する場合は、以下の事項を記入してください。

  • 請求者住所、氏名、連絡先
  • 接種を希望する人の氏名、生年月日
  • 接種を受ける医療機関の名称、住所

【送付先】
〒732-0023
安芸郡府中町浜田本町5番25号(福寿館内)
府中町健康推進課 宛

※自己負担金免除の手続きを行う人は、課税状況などを確認するための「同意書」をあわせて送付してください。

ダウンロード

6.注意事項

接種できない人

  • 明らかに発熱している人(通常体温が37.5℃以上の場合)
  • 重篤な急性の病気にかかっている人
    ※急性の病気にかかっている人は、その後の病気の変化がわからなくなることから、接種を受けないことが原則です。
  • 予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーを起こしたことがある人
    ※アナフィラキシーとは、通常接種後30分以内に起こるアレルギー反応のことです。発汗、顔が急に腫れる、じんましんが出る、吐き気、嘔吐、声が出しにくい、息が苦しいなどの症状が続き、ショック状態になるような激しい全身反応です。
  • 以前にインフルエンザの予防接種を受けたとき、接種後2日以内に発熱、発疹、じんましんなどのアレルギー症状がみられた人

接種する場合に注意が必要な人

次に当てはまる人は、接種を受ける際に医師とよく相談してください。

  • 心臓病、じん臓病、肝臓病や血液の病気などで治療を受けている人
  • 過去にけいれんを起こしたことがある人
  • 過去に免疫不全の診断がされている人および近親者に先天性免疫不全症の人がいる人
  • 予防接種の接種液の成分に対してアレルギーを起こすおそれがある人

接種後の注意

  • 接種後24時間は健康状態の変化に注意しましょう。特に接種直後の30分以内は急激な健康状態の変化に注意してください。
  • 接種後は、接種部位を清潔に保ち、接種当日は過激な運動や深酒を避けてください。
  • 接種当日の入浴は差し支えありません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)