ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康推進課 > 予防接種 > 予防接種 > 季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い(新型コロナウイルス関連)

季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い(新型コロナウイルス関連)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月18日更新 <外部リンク>

高齢者(65歳以上)の人は早めの接種をお願いします

新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、冬に向けて季節性インフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。
65歳以上でワクチン接種を希望される人は、早めの接種をお願いします。

厚生労働省接種に関するお願いチラシ

(1)10月1日(木曜日)~

接種優先者

  1. 接種日に65歳以上の人

  2. 60歳から65歳未満で、慢性高度の心臓・腎臓・呼吸器機能障害を有する人

※上記以外の人は、10月26日まで接種をお待ちください。重症化リスクが高い65歳以上のみなさんが接種できるよう、ご協力をお願いします。

(2)10月26日(月曜日)~

接種優先者

  1. 医療従事者

  2. 65歳未満の基礎疾患を有する人

  3. 妊婦

  4. 乳幼児(生後6か月以上)~小学校低学年(2年生)

※上記以外の人も接種できます。

妊婦、子どもの予防接種費用の一部助成を検討しています

季節性インフルエンザ予防接種を行う妊婦、乳幼児(生後6か月以上)~小学校低学年(2年生)に対する費用の一部助成を現在検討しています。接種時期によっては、手続きの際に領収書(接種者名・インフルエンザワクチンの記載があるもの)が必要となりますので保管をお願いします。正式に決まり次第、あらためて広報、ホームページなどでお知らせします。

接種に当たってのお願い

  • あらかじめ医療機関にお電話での予約をお願いします。

  • 感染防止の3つの基本である、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いの徹底もお願いします。

  • インフルエンザワクチンは、重症化予防などの効果がある一方で、発病を必ず防ぐわけではなく、接種時の体調などによって副反応が生じる場合があります。医師と相談の上、接種いただくとともに、接種後に体調に異変が生じた場合は医療機関にご相談いただくようお願いします。

  • お示しした日程はあくまで目安であり、前後があっても接種を妨げるものではありません。

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないかたは、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)