ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険年金課 > 国民健康保険係 > 国民健康保険 > 国民健康保険の出産育児一時金の支給
年金福祉医療係

国民健康保険の出産育児一時金の支給

更新日:2021年12月28日更新 印刷ページ表示

国民保険加入者が出産した時、原則42万円を支給します

「産科医療補償制度」に加入している医療機関などで出産した場合には42万円、それ以外の場合には、40万8千円(令和3年12月31日以前の出産の場合は40万4千円)が支給されます。

  • 妊娠12週以上の死産・流産にも支給されます。詳しくは、お問い合わせください。
  • 会社などを退職して6か月以内に出産した人は、以前に加入していた健康保険から出産育児一時金が支給されます。(ただし、1年以上継続して会社に勤務していた場合に限る)
    当てはまる人は、以前加入していた健康保険にご確認ください。(健康保険から支給された場合は、国民健康保険からは支給されません)

出産育児一時金直接支払制度

出産育児一時金の受領を医療機関に委任し、出産された人が退院時に出産育児一時金相当額(原則42万円)を差し引いた額の出産費用を医療機関に支払う仕組みです。
手続きは、医療機関で行います。

出産費用が、出産育児一時金相当額(原則42万円)を下回った場合

府中町保険年金課(役場2階)へ申請すると、差額分の出産育児一時金が支給されます。

【差額支給時の申請に必要なもの】

  • 国民健康保険証(出産した人)
  • 印鑑(朱肉を用いるもの)
  • 母子健康手帳
  • 金融機関等の通帳(世帯主のもの)
  • 医療機関などで発行される出産費用を証明する書類(領収書・明細書)
  • 医療機関などで発行される「直接支払制度」を利用する旨の書類(合意文書)

※直接支払制度を利用しなかった場合についても、申請することにより出産育児一時金が支給されます。詳しくは府中町保険年金課へお問い合わせください。

お母さんと赤ちゃん

申請・お問い合わせ先

府中町保険年金課 国民健康保険係(役場2階)

電話番号:082-286-3236

<外部リンク>