ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 税務課 > 軽自動車税 > 軽自動車税 > 軽自動車税(三輪車および四輪以上の車両・原付・バイク等)
町県民税(住民税)
固定資産税・都市計画税
国民健康保険税
軽自動車税
その他の税
納税
税の証明
災害による町税の減免等

軽自動車税(三輪車および四輪以上の車両・原付・バイク等)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月1日更新 <外部リンク>

毎年4月1日現在の所有者に課税(年額)されます。
月割りはありませんので、登録・廃車する場合は注意してください。

原動機付自転車および二輪車等の税額

 
車種税額
原動機付自転車50cc以下2,000円
90cc以下(51cc~90cc)2,000円
125cc以下(91cc~125cc)2,400円
ミニカー3,700円
小型特殊自動車農耕作業用2,000円
その他5,900円
軽二輪250cc以下(126cc~250cc)3,600円
小型二輪自動車250cc超6,000円

軽自動車(三輪車および四輪以上の車両)の税額

新車新規登録年月により、次表の1~3のいずれかの税額に決まります。

車種1.旧標準税額2.標準税額3.重課税額
車種別の税額
四輪660cc以下乗用自家用7,200円10,800円12,900円
営業用5,500円6,900円8,200円
貨物用自家用4,000円5,000円6,000円
営業用3,000円3,800円4,500円
三輪(660cc以下)3,100円3,900円4,600円
  1. 旧標準税額
      平成27年3月31日以前に新車新規登録された車両(重課税額が適用されるまで)
  2. 標準税額
      平成27年4月1日以後に新車新規登録された車両(重課税額が適用されるまで)
  3. 重課税額 
      新車新規登録年月から13年を経過した車両
     (電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車、被けん引車は対象外)
    ※重課税の適用開始年度は下の表をご覧ください。 
新車新規登録年月(対象車両)重課税適用開始年度
重課税の適用開始年度
平成14年12月以前平成28年度から
平成15年1月~平成16年3月平成29年度から
平成16年4月~平成17年3月平成30年度から
平成17年4月以降(登録年度+14)年度から

新車新規登録年月の確認方法

自動車車検証で確認できます。
新車新規登録年月は、自動車検査証に記載されている「初度検査年月」と同じ年月です。

自動車検査証イメージ

※平成15年10月14日以前に最初の検査を受けた車両については、自動車検査証の初度検査年月欄に「年」までの記載しかされていないため、初度検査年月は、最初の検査を受けた年の12月とみなします。  

軽自動車(三輪車および四輪以上の車両)のグリーン化特例(減税)

平成29年4月1日から平成31年3月31日までに新車新規登録された軽自動車(三輪車および四輪以上の車両)で、一定の環境性能を有する車両は、翌年度限り、その燃費性能に応じてグリーン化特例(軽課)が適用されます。

適用条件

次のいずれの条件も満たす軽自動車(三輪車および四輪以上の車両)

  • 平成29年4月1日から平成31年3月31日までに新車新規登録された車両
  • 次表中の性能基準を満たす車両
グリーン化特例の対象・基準
乗用車 ガソリン車
(ハイブリット車含む)
排ガス性能燃費性能特例措置
平成17年排ガス規制
75%低減(☆☆☆☆)
平成32年度燃費基準+10%達成約25%減税
平成32年度燃費基準+30%達成約50%減税

電気自動車・燃料電池自動車・天然ガス自動車
(平成21年排ガス規制No×10%以上低減) 

約75%減税
軽貨物車 ガソリン車
(ハイブリット車含む) 
排ガス性能燃費性能特例措置
平成17年排ガス規制
75%低減(☆☆☆☆)
平成27年度燃費基準+15%達成約25%減税
平成27年度燃費基準+35%達成約50%減税

電気自動車・燃料電池自動車・天然ガス自動車
(平成21年排ガス規制No×10%以上低減) 

約75%減税