ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育課 > 文化財 > 文化財 > 鹿籠神社(こごもりじんじゃ)
スポーツ
青少年教育
家庭教育
社会教育
文化振興
文化財
成人式
生涯学習
よくある質問

鹿籠神社(こごもりじんじゃ)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月1日更新 <外部リンク>

鹿籠神社 主祭神は、弁財天、厳島姫命、稲荷大神です。

 鹿籠神社は、江戸時代に地区の住民によって祀られた「明神様」と呼ぶ小社であったといわれています。
 もともと現鹿籠踏切付近にあったものだとわれ、明治44年(1911年)鵜崎神社、稲荷神社とともに多家神社の境内貴船神社に合祀されたのですが、昭和29年(1954年)現在地に社殿を造営し、三神を合祀して独立、再建されました。

 毎年4月、10月には春、秋季の例大祭が催されます。