ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中町PR大使

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月29日更新

PR大使みなさんの写真

 

 

 

 

 


 

府中町の魅力発信(シティプロモーション)の一環として、町出身で、幅広く活躍中の4人のみなさんに「府中町PR大使」に就任していただきました。

今後、町として大使のみなさんの活躍を積極的に紹介するとともに、大使のみなさんにも、活動の中で、町の魅力などを発信していただくこととしています。

金田 喜稔(かねだ のぶとし)さん

かねだのぶとしさんの写真

府中小学校、府中中学校出身。

一般社団法人日本サッカー名蹴会会長

元サッカー日本代表選手

日本代表の歴代最年少得点記録を持つ(19歳119日)。

現役引退後は、テレビ・ラジオなどでの解説やサッカーの指導・普及に当たっている。

 

 

 

 

メッセージ

一番多感な時期に過ごした場所なので、府中町のすべてに思い入れがあります。特に、旧府中中学校グラウンド(現在のくすのきプラザ敷地)は、僕の原点です。
また府中町は、スポーツインフラに限りない可能性があると感じています。
この町の魅力を伝えていくために、ベストを尽くします。

旧府中中学校グラウンドの写真
(旧府中中学校グラウンドの写真)

久保 帯人(くぼ たいと)さん

くぼたいとさんの写真

府中南小学校、府中緑ケ丘中学校、安芸府中高等学校出身。

漫画家

1998年、「ZOMBIEPOWDER.(ゾンビパウダー)」で週刊少年ジャンプにて連載デビュー。
2001年より、週刊少年ジャンプにて「BLEACH(ブリーチ)」の連載がスタート。テレビアニメ化、4度に渡る劇場版アニメの公開、ゲーム化など、メディアを超えて幅広く展開され、全世界累計発行部数1億2000万部超の大ヒットに。
2018年7月には、実写映画の公開も予定されている。

映画「BLEACH(ブリーチ)」オフィシャルサイト<外部リンク>

 

 

メッセージ

小学校2年生の時、ゲゲゲの鬼太郎を読んで漫画家を志し、その夢に向かって、あきらめず、やり続けてきたことが今につながっていると思います。
府中町出身者の一人として、前向きに挑戦する姿や作品を通して、特に、これから自分自身の夢に向かって挑戦する町内の子どもたちの励みになれたら嬉しいです。

漫画ブリーチの表紙画像

BLEACH(ブリーチ)
©️久保帯人/集英社 2016年

関連情報

久保帯人さんによる「志」を育てる教育講演会(平成29年度実施)

竹原 慎二(たけはら しんじ)さん

たけはらしんじさんの写真

府中小学校、府中中学校出身。

ボクシング元WBA世界ミドル級チャンピオン

1995年、日本人で初めミドル級世界王座を獲得。現役引退後は、ボクシング解説や講演活動などを行うとともに、自身が経営するボクシングジムで後進の指導に当たっている。

 

 

 

 

 

メッセージ

帰省するたび、新幹線の車窓から府中中学校や緑ケ丘中学校が見えると、いつも、ほっとします。
16歳で上京しましたが、ふるさと「府中町」にいつか恩返したいという思いを持っていたので、大使就任は、本当に良いきっかけをもらったと思っています。
住み良い町、ふるさと「府中町」の魅力をより多くの人に伝えられればと思います。

大使証交付式

平成30年6月19日、府中町役場にて大使証交付式を行いました。

大使証交付式での竹原慎二さんの写真

田中 宏(たなか ひろし)さん

たなかひろしさんの写真

府中南小学校、府中緑ケ丘中学校出身。

漫画家

1987年、高校在学中に「FOOL」でヤングキングにてデビュー。

1988年~1996年に連載した、代表作「BAD BOYS」は、累計発行部数5500万部の大ヒットに。(アニメ化、実写映画化も)
その他にも、「BAD BOYS グレアー」「莫逆家族 バクギャクファミーリア」「女神の鬼」と著作多数。


現在は、「KIPPO」をヤングキングにて連載中であるとともに、RCCラジオ「週刊 田中宏(毎週金曜日の午後3時~5時)」にも出演中。

 

メッセージ

生まれ育って、子ども2人もこの町で育てたので、思い出は計り知れません。
府中町は、広島市内中心部へも近く、子育てにも抜群な環境だと思います。
地元愛激アツですので、府中町の魅力をラジオなどでバンバン語っていきます。

RCCラジオ しゅうかんたなかひろしのがぞう
RCCラジオ「週刊 田中宏」
<外部リンク>
©️田中宏/RCC

 

 

 

漫画BADBOYS表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BADBOYS
©️田中宏/少年画報社