ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て支援サイト > 子育て情報 > 不妊治療 > 不妊検査・一般不妊治療費の助成

不妊検査・一般不妊治療費の助成

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月29日更新 <外部リンク>

府中町では、不妊検査や一般不妊治療に関する経済的負担軽減のため、夫婦そろって不妊検査・一般不妊治療を受けている人に対し、その費用の一部を助成しています。

対象者

次の要件をすべてを満たす人が対象です。

  • 法律上の婚姻をしている夫婦
  • 申請時に、夫婦ともまたはどちらかの住所が、継続して1年以上府中町にある人
  • 不妊検査・治療開始時の妻の年齢が35歳未満である人
  • 平成29年4月1日以降に、夫婦ともに検査・治療を開始した人
  • 広島県等が行う不妊治療費助成事業において、不妊治療費助成承認決定を受けており、かつ、他の市町村から不妊治療費の助成を受けていない人
    ※広島県等が助成承認決定する前でも、府中町へ申請できます。
  • 町税を滞納していない人

助成金額

対象となる不妊検査・一般不妊治療にかかった費用のうち、自己負担額の2分の1を助成します。(上限額5万円、千円未満切捨て) 

注意事項

  • 一般不妊治療とは、タイミング療法・薬物療法・人工授精等です。
  • 医療保険適用の有無は問いません。
  • 助成対象となるのは、夫婦で1回限りです。

申請手続き

次のいずれかの条件にあてはまった日の翌日から2か月以内に、広島県等へ助成申請手続きを行った上で、子育て支援課こども家庭係窓口(役場2階)で申請してください。

※広島県等が助成承認決定する前でも、申請できます。また、広島県等に助成承認申請してから承認決定までにかかった期間は、申請期間に含みません。

申請条件

  1. 不妊検査・一般不妊治療に係る自己負担額が10万円を超えたとき
  2. 不妊検査・一般不妊治療を終了したとき(夫婦のいずれか遅い方)
  3. 不妊検査の開始日から2年を経過したとき

持ってくるもの

  • 印鑑(朱肉を用いるもの)
  • 広島県等不妊検査・一般不妊治療費助成事業申請書(写し)
  • 広島県等不妊検査・一般不妊治療費助成に係る証明書(写し)
  • 広島県等不妊検査・一般不妊治療費助成事業助成決定通知書(写し)
    ※広島県等から決定通知が届いてから提出してください。
  • 不妊治療に要した費用が分かる領収書(原本)
  • 申請者が口座名義人となっている預貯金通帳

関連情報(外部リンク)

広島県不妊検査・一般不妊治療費助成事業について<外部リンク>(広島県ホームページ)