ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康推進課 > 献血 > 献血 > 献血にご協力を

献血にご協力を

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月18日更新 <外部リンク>

あなたのご協力が必要です。

医学が進歩した現在でも、血液は、人工的に作ることはできません。

毎日多くのみなさんによる献血へのご協力があるからこそ、今日も輸血を必要とする患者さんの生命が救われています。

初めての人でも、ご安心ください。

献血は国の定めた基準によって医師が総合的に判断しますので、身体への影響はほとんどありません。安心してご協力ください。

献血の際には、運転免許証、健康保険証などご自身を証明するものの提示をお願いしています。

※まれに採血中や採血後に気分不良や皮下出血を起こすことがあります。

主な献血基準

 400ミリリットル献血200ミリリットル献血
年齢男性17歳~※69歳、女性18歳~※69歳男女とも16歳~※69歳
※65歳以上の献血については、献血される人の健康を考え、60~64歳の間に献血経験がある人に限ります。
体重男女とも50キログラム以上男性45キログラム・女性40キログラム以上
献血間隔男性12週・女性16週以上男女とも4週以上
総献血量過去12か月にご協力していただいた200ミリリットル献血と400ミリリットル献血を合わせて、男性1200ミリリットル・女性800ミリリットル以内

安全な血液をお届けするために必ずご確認ください

 次の項目に当てはまる人は、献血をご遠慮ください。

  • エイズ検査が目的の人(エイズ検査結果はお知らせしていません)
  • エイズウイルスに感染した恐れのある人
  • 輸血や臓器移植を受けたことがある人
  • B型・C型ウイルスの保有者(キャリア)といわれた人
  • 梅毒など性病、C型肝炎、マラリアにかかったことのある人
  • 海外から帰国(入国)して4週間以内の人
  • この3日間に出血を伴う歯科治療(歯石を含む)を受けられた人
  • 現在妊娠中、授乳中または6か月以内に出産、流産した人
  • ※これ以外にも患者さんと献血をされる人の安全を確保するために、医師がお断りすることがあります。
     詳しくは、広島県赤十字血液センターのホームページをご覧ください。 

リンク