ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境課 > 環境衛生係 > 生活環境に関する情報 > 光化学オキシダントについての情報

光化学オキシダントについての情報

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月1日更新 <外部リンク>

光化学オキシダントとは? 

 工場の煙や自動車の排出ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素などが、太陽の紫外線により光化学反応を起こし、光化学オキシダントという有害な物質が生成されます。この物質によるスモッグを光化学スモッグといい、ある濃度以上になると目がチカチカしたりのどが痛くなったり、植物に悪い影響が出たりすることがあります。

光化学オキシダントの発生しやすい時期は?

 4月から9月にかけて光化学オキシダント濃度が上昇します。また、日差しが強く、気温が高く、風の弱い日に発生しやすくなります。特に、遠くの山や建物がいつもより見えにくいなど、もやのかかったような視界の悪い日には、十分注意が必要です。

光化学オキシダントの測定体制等は?

 光化学オキシダントの測定については広島県内各測定局で常時測定を行っています。府中町から一番近い測定場所は、海田(海田高校)の測定局です。

 毎時間ごとの結果を広島県のホームページ((環境情報サイト「エコひろしま」(下のリンク参照))でリアルタイムに情報提供しています。広島県では、光化学スモッグの指標である光化学オキシダントの濃度が, 0.1 ppm以上となり気象条件からみてその状態が継続すると認められる場合には,光化学オキシダント情報を発令します。さらに、0.12 ppm以上になれば注意報等を発令します。

注意報等が発令されたら、どうすればいいの?

 健康被害を未然に防ぐため、次のことに注意しましょう。

  • 目やのどに刺激を感じた場合は、洗眼やうがいなどを行いましょう。
  • できるだけ外出を控えましょう。(特に呼吸器系の疾患のある方は注意が必要です。)
  • 学校、幼稚園、保育所等においては、状況に応じて屋外運動を中止しましょう。
  • 不要・不急の自動車の運行は差し控えましょう。 

光化学オキシダントに関する注意情報メール

 広島県から注意報等が発令された場合に、府中町では防災行政無線放送でお知らせします。また、府中町防災・安全・安心情報メールによって、放送内容の情報配信サービスを行っています。

 登録の方法等は、下の関連情報「防災・安全情報メールサービス」をご覧ください。(登録された方には、PM2.5についても注意情報を同様に配信します。)          

リンク

光化学オキシダントの発令状況および最新の測定結果を確認することができます。

関連情報