ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福祉課 > 障害者福祉 > 医療 > 重度心身障害者医療

重度心身障害者医療

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月29日更新 <外部リンク>

 重度心身障害者(児)に対して医療費の自己負担分(入院時食事療養費を除く)を支給します。

対象者

 国民健康保険の被保険者、後期高齢者医療の被保険者または社会保険の被保険者、被扶養者で次のいずれかに該当する人
 (被爆者健康手帳所持者および施設入所者は除きます。)

(1) 身体障害者手帳1級~3級の所持者
(2) 療育手帳 マルA 、A、 マルB の所持者

所得制限

※ 本人および扶養義務者の所得がそれぞれ所得制限額未満であることが資格要件です。
※ 所得制限額は扶養親族等の数に応じて異なり、下記の「所得制限額」のとおりです。
※ 対象となる所得は総所得から下記の「所得控除」を控除したものになります。  

所得制限額  

本人 扶養義務者
扶養親族等の数所得制限額扶養親族等の数所得制限額
0人1,595,000 円0人6,287,000 円
1人1,975,000 円1人6,536,000 円
2人2,355,000 円2人6,749,000 円
3人2,735,000 円3人6,962,000 円
4人3,115,000 円4人7,175,000 円
5人3,495,000 円5人7,388,000 円
※ 扶養親族中に老人控除対象配偶者、老人扶養親族が含まれる場合、表中の金額に当該者の人数×100,000 円を加算
※ 扶養親族中に特定扶養親族が含まれる場合、表中の金額に当該者の人数×250,000 円を加算
※ 扶養親族中に老人扶養親族が含まれる場合、表中の金額に当該者の人数×60,000 円を加算(扶養親族すべてが老人扶養親族の場合は[当該者の人数-1]×60,000 円を加算)
(老齢福祉年金所得制限額を準用)(特別児童扶養手当所得制限額を準用)

所得控除

本人 扶養義務者
区分控除額区分控除額
障害者控除270,000円障害者控除270,000円
特別障害者控除400,000円特別障害者控除400,000円
寡婦・寡夫・勤労学生控除270,000円寡婦・寡夫・勤労学生控除270,000円
寡婦の特別350,000円寡婦の特別350,000円
配偶者特別控除330,000円を限度として当該控除額配偶者特別控除330,000円を限度として当該控除額
雑損、医療費、小規模企業共済等掛金控除当該控除額雑損、医療費、小規模企業共済等掛金控除当該控除額
肉用牛の売却による事業所得に係る地方税の課税特例当該免除に係る所得額肉用牛の売却による事業所得に係る地方税の課税特例当該免除に係る所得額
社会保険料等当該控除額社会保険料等(一律)80,000円

申請手続きに必要なもの

  1. 身体障害者手帳または療育手帳 
  2. 健康保険被保険者証(国民健康保険、健康保険組合、後期高齢者医療等)
  3. 印鑑(朱肉を使用するもの)
  4. マイナンバーカードまたは通知カード
  5. 窓口に来る人の身分証明書(写真付きの公的機関発行の身分証明書の場合は、運転免許証・パスポートなどから1点。それ以外の場合は、健康保険証、年金手帳などから2点。)

関連情報